Akiの自転車紹介, 自転車, 自転車の歴史

ローバー 安全型自転車

0

こんにちは!

With your Bicycle LifeのAkiです!

みなさま、いかがお過ごしですか?

クリスマスまで後すこし!

熊本は雪の降る気配もなく、あったかいのか寒いのかわからない日々が続いています。

今日は、ローバーという安全型自転車についてです。

今日も、お世話になるのはこちらのご本

50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史

こちらです。毎度、お世話になっております。

ローバー 安全型自転車

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

上記の自転車は安全型自転車になります。

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

その前の時代では、こういうオーディナリ型自転車という、前輪が大きく、足でこぐ部分が前輪についた自転車が流行していました。

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

この、オーディナリ型自転車というのは、怖いもの知らずの若者しか乗れないハイホイーラーでした。

常に自転車の新しいコンセプトは必要とされていたので、この危険なハイホイーラーに変わって、安全で乗り心地がよく、日常の移動手段として誰でも使える自転車への転換はとても求められていました。

基本設計の見直し

その為、この危険なハイホイーラーのデザインに限界を感じていた製造メーカーは、自転車の基本設計の見直しに取り組むことになったのです。

イギリス人技術者 ヘンリー・ローソン

最初に「安全型」自転車の製造に取り組んだのは、イギリス人技術者 ヘンリー・ローソン でした。

製造年は、1876年になります。

ペダルをこぐと後輪が動くように

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

これまで通り前輪は後輪より大きかったのですが、オーディナリ型ほど極端な差はなく、前輪が低くなったので、地面に足が届くようになり、安全性が高まりました。

もっとも根本的な違いは、ペダルをこぐと前輪ではなく、後輪が動くようになった点でした。

画期的だったのは、今までトライシクルでしか使われたことのなかったチェーンを自転車で採用したのです。

あまり売れなかった ローソンの安全型自転車

あまり売れなかった原因は、値段が高価であったことと、車体が重かったこと、ハイホイーラーと比べて構造が複雑すぎた為と考えられます。

それでも生産を続ける

売れなかったにもかかわらず、ローソンは製造を続け、1879年には「ビシクレット」と名付けた特許を取得しました。

ビシクレットでは、ペダルで直接ホイールを駆動させるのではなく、それまでトライシクルでしか採用されていなかったチェーンとそれに噛み合うスプロケットを採用していました。

それでも売れ行きは悪かった

安全型自転車は進化したにもかかわらず、ビシクレットの売れ行きは、あまり芳しくありませんでした。

初めて成功する安全型自転車

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

転換期が来たのは1885年のジョン・ケンプ・スターレーがローバーを製作した時でした。

このローバーが開発された時も、まだ、彼の会社であるコヴェントリーのスターレー・アンド・サットン・オヴ・メテオ・ワークスは、いまだにトライシクルを製造していました。

続けられる改良

スターレーは、友人のウィリアム・サットンの手を借りて改良を続け、1885年に2代目のローバーを完成させました。

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

決定的な違い

今度のローバーのモデルは、前後輪がほぼ同じ大きさで、決定的な違いは、前輪を支えるフォークでステアリングできる点でした。

ステアリング (ウィキペディアより)

ステアリング英語:steering)とは、乗り物の進行方向を任意に変えるためのかじ取り装置のこと。日本語の専門用語では「操舵装置」という。

安全型自転車として初めて商業的に成功

この2代目のローバーが初めて安全型自転車として商業的に成功したのです。

小型化されたホイールの乗り心地は悪く、乗り手の負担も大きかったのですが、従来の固形ゴムのタイヤに代わる空気タイヤが誕生すると、この問題も解消されました。

ホイール (コトバンクより)

ホイール(wheel)

1 車の輪。車輪。

たちまちヒット

のちに、ハンドルバーステアリング(ハンドルで操縦)できるようになると、ローバーはたちまちヒットしました。

ブレーキの効き

ブレーキの効きも良くなっていたので、チャレンジ旺盛な若い女性でもできるスポーツになったのです。

世界を変えたローバー安全型自転車

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

1890年後半、スターレーの死後はローバーのブランド名で自動車を製造販売するようになりました。

1885年以降、何十億台もの自転車が製造されましたが、どれも遡ってたどり着く原型はローバーなのです。

最後に

写真 我が家の猫 千代丸

いかがでしたか?

今日は、ローバーについての記事でした。

我が家の千代丸も一生懸命解説しております。

自転車を遡ればローバーにたどり着くという記事でした。

さらに、自転車の原型は、レオナルド・ダ・ヴィンチの時代まで遡るという。

自転車は、人類にとってなくてはならないものなのです。

空を飛ぶ機械は発明され、実際に空を飛び、自転車も夢物語だったのが実現され、常に進化している人類というのは、なんて不可思議な生き物だろうかと思います。

あまりに長い文章を書いてしまい、頭がぼーっとしてしまいましたが、いかがでしたか?今日の記事!

With your Bicycle Life.

常にあなたに寄り添う自転車 という名のもとに書いております!

 

ではではー。また次回。

With your Bicycle Life.Akiでした。

 

  • Editor Rating
  • WBL Aki
  • Total score
  • User Rating
  • WBL Aki
  • Total score

Related Posts

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Cycle Shop WBL BLOG

Cycle Shop WBL Web

With your Bicycle Life Web

NEW 最新動画 ザリガニ!

NEW!! 最新動画 Cycle Shop WBL

YOU TUBE

YOU

Facebook

カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

With Your Bicycle Life(7)

With Your Bicycle Life Article Lists WBL

カテゴリー