Akiの自転車紹介, ライフスタイル, ライフスタイルに自転車を取りいれる習慣, 自転車, 自転車の歴史

マドセン カーゴ自転車

0

こんにちは!With your Bicycle LifeのAkiです。

今日はマドセンについて。

参考冊子はいつものように、

50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史

history

 

こちらの本になります。ここのリンクをクリックして是非買ってくださいw

 

マドセン

madcen01

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

マドセンはアメリカで設計されたモダンなカーゴ自転車の代表です。

階段を降りることも可能

マドセンは荒い路面でもハンドルさばきが楽で、乗り手には背後の荷物や乗客は見えませんが、コントロールもよく、縁石を乗り越えることも、階段を降りることも可能で、深い穴にはまらずに抜けることもできる優秀な自転車です。

カーゴトライシクル

10年とたたないうちに、カーゴトライシクルはデザインが改められました。大きなバスケットやコンテナが前部ではなく後ろの2つの後輪の間に取り付けられるようになったのです。

カーゴトライシクルのあだ名

商店主がその利便性にいち早く気づいたため、「ブッチャーズバイク(肉屋の自転車)」とあだ名がつきました。

ドイツでは、「パン屋の自転車」とあだ名がついたそうです。

郵便配達

madcen02

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

イギリス郵政省は安全型自転車の新車を100台オーダーし電報係の少年に使わせました。これによって一気にカーゴ自転車の需要は伸びました。。

カーゴ自転車で成功したパシュレイ

カーゴ自転車で成功した企業の一つに「パシュレイ」という会社があります。パシュレイは、1930年代、自社製品用のほぼ全ての部品を自ら製造していました。外注していたのは、チューブ類とラグだけでした。

モーター付き運搬用トライシクル

パシュレイは、自転車の売り上げが好調だったため、モーター付き運搬用トライシクルやアイスクリームカート、鉄道用台車、牛乳や配膳業者用のスペシャルカーゴなど、幅広く商品を広げました。

事実上の市場独占

1970年代後半には、パシュレイは郵便配達自転車を供給しており、単独のロッドブレーキタイプなどを製造していました。最終的には、このタイプで自転車を供給するメーカーはパシュレイだけで、事実上の市場独占を果たしていました。

子供の送り迎え用

madcen05

写真 50の名車とアイテムで知る図説自転車の歴史 より

20世紀までは、郵便配達用に使われていたカーゴ自転車でしたが、子供の送り迎え用にも使われるようになりました。現在では、自転車が子供の運搬に使われているのは主にオランダとデンマークになります。

トライシクルの後部のキャリーボックスに食料品を入れてお店から帰ってくる年配の女性も大勢います。

最後に

いかがでしたか?今日は、マドセンに関してでした。

動画の方は、YOUさんのチェックが入って一度打ち合わせてからアップになります。

乞うご期待!

ということで、With your Bicycle Life.

デザイン担当Akiでした!

 

 

 

 

  • Editor Rating
  • WBL Aki
  • Total score
  • User Rating
  • WBL Aki
  • Total score

Related Posts

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Cycle Shop WBL BLOG

Cycle Shop WBL Web

With your Bicycle Life Web

NEW 最新動画 ザリガニ!

NEW!! 最新動画 Cycle Shop WBL

YOU TUBE

YOU

Facebook

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

With Your Bicycle Life(7)

With Your Bicycle Life Article Lists WBL

カテゴリー